No Distance Left To Run

今日、待ちに待った"No Distance Left To Run"のDVDが届いたので、ハイドパークのライブDVDを昼間見て、寝る準備をしてからドキュメントの方を見ました。
単なる再結成の記録だと思っていたんだけど、そうじゃなかったんだね。とても心が震えた。たぶん英語で言うところのtouchedってヤツだ。

私はデビュー当時から大脱走ぐらいまではよく彼らの音楽を聴いていて、その後しばらくチェックしていなかったので、グレアム脱退の経緯を詳しく知りませんでした。
この映画は、4人のインタビューと記録映像を交互に編集しながら、その時々で、どういう心理的な動きがあって、結果的にそうなったのか、というところにフォーカスを当てています。
なので、とても出来事の流れや、心の動きが把握しやすい。

それにしてもデビュー当時~20代の、デーモンとグレアムとアレックスの美青年ぶり! デビューした時のアイドル然としたルックスはよく覚えているけど、40代になった今も、4人とも40代の格好良さを持っていると思います。

最後、ハイドパークのギグのシーンで、5万人ぐらいいるオーディエンスが波打ちながら大合唱をしているところ、デーモンが涙をこらえているところでは、私も涙が出ました。なんでだろう‥‥デーモンがとても傷ついているような気がした。今は、そうではないだろうけど。

本当にこれで終わりなのかな。いつか本物を見てみたいと思っていたから、寂しいな。

NO DISTANCE LEFT TO RUN 【期間限定生産:豪華デジパック仕様盤】 [DVD]

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yes I did it, maybe.
生活サイクルがグチャグチャ。