ふつうの感覚

トミナガです。母がメールを一人で送れるようになり、私の携帯電話にいろいろ送りつけてきます。さっき英語のラジオ聞いてたら「おかあさんもう寝る、はやくはみがいて」って送られてきました。

今日の母の進捗。

  • メールの入力画面を開ける
  • メール本文の入力方法を習得
  • SMSを弟に連続して送信
  • カメラで猫の写真を撮影して、保存

こんなところかな。でも、終わった後「疲れた」と申しておりました。

各種デジタルデバイスは、私達の多くにとっては便利だし、効率的なんだけど、一方では、母のように、使い方をすぐに覚えられない人も多くいます。
だから、母が携帯を使うのには「練習」 が必要だし、その経過をサポートしながら、私自身も何か学ぶことがあるのではないかと思っています。
私が当たり前にできることを、みんなが当たり前にできるわけではないし、その逆もある。

弟に会う時もいろいろ聞くんですが、弟はmixiもやったことがないし、Twitterもよくわからないと言います。でも、私みたいに一日中SNSを見ているのが異常で、弟みたいのが普通なんだろうな。

「普通の人の感覚」っていうのは、気をつけていないと、そういうものがあるって忘れてしまいそう。気をつけようと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
母と携帯電話
ホントのところはどうなの