少し早く起きた日の生活

IMG_0003

今朝は、いつもより何故か早く目が覚めたので、そのまま1時間ぐらい早起きしました。布団の中はあったかくて気持ち良いし、猫もいるからとても出づらいんだけど、エイッと。

仕事を始めたのもいつもより早かったので、午前中はメールを書いたり書類を作ったのですが、いつもよりはかどってビックリするぐらいでした。
返信やスケジュール決めなどは、素早くやろう! と決めていたので、そのまま1日効率よく過ごせて、 夜もこの後早めに眠れそうです。
このままのペースが続けられますように‥‥。

体感的に、早く起きた日の生活は、

  • 仕事(コーディングなどの作業)をしているときに集中できる
  • 細かいタスクを集中して消化できる(集中力が切れづらい)
  • 朝早く仕事をはじめるので、仕事をしている時間が増えたように感じる
  • 時間に余裕ができて、一通り仕事を終えた後、翌日の作業内容を整理できる
    (いつもダラダラやってしまうので) 
  • 結果的に夜は早く布団に入れる

といった利点があるように感じます。 
あと、本を読んだり勉強する時間も1時間~2時間ぐらい取りやすくなる、ような気がする。

こんなにいいことばっかりだって分かってるんだから、毎日11時に寝て5時か6時ぐらいに起きる生活ができればいいのになぁ。
でも、友達とメッセしたりメール書いたりもあるので、すごく早く寝るっていうのはなかなか難しい。いきなりの早起きを目指さないで、少しずつ早くするのがポイントなのかもしれません。

あと、早く寝られそうな時に限って、ちょっと時間あるから本でも読むか→あれ、いつもの時間、になりがちなので、今日は欲張らないで、これ書いたら寝る!!! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
次に勉強するのは何だろう。
英語でTwitter本あれこれ