アラバキ2010総括

PICT0033

かなり夜は寒かったけど、その分桜が綺麗でとっても目の保養になりました。

1日目

シャトルバス乗り場も、並び方なども、まったく去年と同じで、かなりスムーズに移動できました。ゴールデンウィーク期間中のせいか、道路が混雑していて、会場に着くまで去年よりは時間がかかったような気がします。

この日のエコキャンプは、風が気持ち良くて桜も満開で、雨も降らなくて、会場の中を歩いていてとても気持ちが良かったです。ハイキングに来たみたい。

見たものは、

  • グッドラックヘイワ
  • サニーデイ・サービス
  • 仙台ガールズプロレスリング 
  • KAN
  • Buffalo Daughter
  • The Silver Hearts(from CA.) 
  • わん★こいんBIGBAND
  • UA

グッドラックヘイワは、去年のRSRで見そびれていたので良かったです。
というか、津軽でやるステージは何でも気に入ってるような気がします。去年の風味堂とか泉谷しげるさんとか‥。

この日はKANさんを20年ぶりぐらいに、サニーデイを10年ぶりに見て、それぞれとっても感激しました。ほんとに、日記に書いた通り、胸いっぱいになりました。
特にKANさんの歌は良かった。"Songwriter"ちょう良かった。"よければ一緒に"の合唱も楽しかったです。 

サニーデイのステージの前には、会場となった宮城県川崎町の町長さんのあいさつがあり、川崎町の人口(1万人)の4倍の来場者だとお話しされていました。
また、入場ゲートの近くには、川崎町の飲食店ブースがあり、玉こんにゃくや日本酒、お蕎麦などの美味しい食べ物が、手頃な値段で食べられるので、1日に何度も食べに行ってしまいました。本当にこのフェスは食べるものがみんな美味しくて、日本一のグルメフェスだと思います。 

その後に見たBuffalo Daughterも、相変わらずタイトな演奏ですごく格好良くて、今年RSRに来るのかどうかわからないけど、とりあえず1回見れた!という満足感。
ドラムがZAZENの松下さんでした。タイトかつパワフルなドラミングでした。 

この日はベテランアーティストはステージ運びが上手いなーと思う事が多かったです。
あと、天気が良かったせいか、女子プロも去年よりダントツに楽しめました。

2日目

PICT0026

2日目も良い天気でしたが、午後から少し雨が。
でも去年も参加した私には抜かりはなく、ちゃんとゴアのハットを持っていったので、それを被って事なきを得たのでした。

2日目に見たものは、

  • みちのくプロレス
  • 藤原美幸(秋田民謡)
  • ZAZEN BOYS
  • 清 竜人
  • ミドリ
  • BEAT CRUSADERS
  • THE BAWDIES 
  • THROW ME THE STATUE(from U.S.)
  • 泉谷しげる
  • 川内太鼓 
  • みちのくピースセッション(清志郎さんトリビュート) 

と、細かく移動し続けて、結果的には1日で陸奥、鰰、津軽、荒吐、花笠、磐越のすべてのステージを見ました。どおりで足が疲れるわけです。

ツイッターとか見てると、「磐越が遠すぎる」という声をよく見かけましたが、それでもRSRのボヘミアン~アースなら余裕で2往復ぐらいできる程度の距離です。たぶん‥‥そうだなあ、サンステ~グリーンか、アース~レッドぐらい? いや、アース~レッドよりは近いと思う。
ただ、導線になる通路が狭いので混雑しやすく、自分のペースで歩けないとか、ごみごみしていて動きづらいというのはありました。
ただ、これは会場がエコキャンプである以上、仕方ないのかなと思います。あらかじめ分かっているなら、早めに移動したほうがいいかもね。

この日は、最後のみちのくピースセッションを除けば、ZAZEN BOYSがもの凄かったです。圧巻の演奏と歌に加え、鰰のステージ脇にある桜の木から、花びらが舞い散ってるの。
向井の歌と、舞い散る桜吹雪‥‥なんて豪華なんだ! 良いものを見ました。
この人達は演奏のレベルも高く、いつ見ても圧倒的な安定感と音圧で、なんかもう、次元が違う。 

あと、去年も見たけど、泉谷しげるさんが楽しかったです。
ほぼ昨年と同じ流れで、"野生のバラッド"では連続ジャンプを決め、"春夏秋冬"の演奏時間は20分ぐらい。最後のアカペラも心にしみる‥‥あ、ゲストでつしまみれの3人がコーラスをやっていました。

最後のみちのくピースセッションは、もう、ね。豪華豪華で、やはり奥田民生さんの"スローバラード"は良かったですよ。"雨上がりの夜空に"の大合唱も、予定通りかもしれないけど、それでもやっぱり素晴らしかった。
何たって、快晴だったのに午後に雨がちょっと降り、おまけに虹が出た後だからね。仲井戸麗市さんの「虹が出たんだよ。キヨシロー君が来たんじゃないかな」っていうMCにはグッと来ました。

帰りのバスの中では、もの凄い充足感と満足感でいっぱいでした。
果たして1人で来て楽しめるのか、自信がなかったけど、見る物食べるものがいっぱいあって、そんなこと考えてるヒマも無かった!
素晴らしいロケーションで素敵なステージをたくさん見られて、本当に行って良かったな-、お金を使った甲斐があった(というのは変かも知れないけど)と思っています。

また、アラバキは、RSRに似て、地域性を大事にしているところがあるので、民謡やプロレス、太鼓なども積積極的に見てみましたが、どれも新鮮で興味深いものばかりでした。
あれだけの事をしているから、みんな楽しめるし、地域の人の協力も得られるのでしょうね。東北の人がとても羨ましいです。

札幌に戻ってきたら、ぐったり疲れて、足のむくみやだるさもまだ取れないんだけど、これこそ参加した証と考えることにします。
行って良かった! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ただいま。
お酒のはなし