BEAT CRUSADERS散開

今日は良い天気で、午前中ジムにいってから午後は家で過ごしたとか、そんなことはどうでもよくて、やはりこのことに触れなくてはいけないのではー。

BEAT CRUSADERSが9月4日をもって「散開」することを発表した。

メンバーの声明文によると、「一言で理由を説明するのはヒジョ~に難しいのですが、ざっくり言うと現状5人で演れることはほぼ演り切ったからドS☆」とのこと。これまで応援してきたファンに対しても、「インディーズ時代も含め今までCDを買っていただいたりLIVEに足を運んでいただいたり気にかけてくれてた方や嫌いじゃなかったよという方々まで含めて、本当に...あ~りがとうっ!ございマシータ♪」と彼ららしいメッセージを贈っている。

ナタリー - BEAT CRUSADERSが"散開"「普通のオジサンに戻ります」

うううう。
先月、アラバキで見たときに、案外(自分としては)つまらなくて「あれ、ビークルのライブってこんなんだっけ??」という感じもしたし、かといって音楽的に新しいこともそう出てこないだろうし(実験的な作風のバンドではないと理解しているので)、トークル、アークル、ビートクルも一段落という感じだったので、しばらく休業したりするのかなぁという気はしていたのですが‥‥。

今まで、フェスもワンマンも、ビークルは大好きなので行けるものは全部行ったし、去年ZEPP札幌であったDVDのハイライトシーンの収録とか、その前のライブでのお面ゲットとか、その次の日もビートルクルセイダーズを見に行って手拍子しまくったり、RSRのサンステで、ブッチャーズ吉村さんが来て"SUMMEREND"の轟音ギターを見たりとか、ビークルには楽しい思い出ばかりたくさんあるので、もうああいう体験ができないかと思うと、それが一番しんどい。

ベスト盤出した時から、解散ムードが漂ってたり、インタビューでも解散の危機があったみたいな話はしてたから、泣くほどの衝撃ではないけど、それでもね。
また"popdod"みたいなアルバムが聴けたらいいなと思っていたのに!

popdod 

これは名盤だと思いますよ。
平均年齢30代半ばを超えてなお、これだけ疾走感がありかつメロディアスな曲でたくさんのステージを盛り上げてくれたことを考えると、やっぱり凄いバンドだったんだなと思います。

適当な活動休止とか休業状態をダラダラ続けるんじゃなく、区切りを付けて次に行くことにしたっていうのは、ヒダカさんらしいですね。

で、私やっぱりビークル大好きだったんだなー‥‥。POLYSICSの活動休止の時は「あ、そうすか」って感じだったけど、今はこの件に関しては、残念とか寂しいという気持ちでいっぱいです。
できればRSRに来て欲しいな。最後に熱狂的に盛り上がるステージが見たい、もう1回。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Happy Birthday Miffy!
なんで教えてくれないの。