英語で話した。

トミナガです。

引き続き体調かんばしくないので、毎日早めに仕事を切り上げたりしているのですが、原因もわからないし、困ったなーという感じです。
今日も、とりあえずこれ書いたら寝るつもりなんですがー。

昨日の夜、Facebookで知り合ったイギリスの人と2時間ぐらいSkypeで話してみました。
全然通じなかったら通じなかったで、「English learnerだからねー」で逃げればいいか、と思っていたのですが、やってみたらそうでもなくて、2時間ぐらいずーっと話してました(ただし聞いてる方が多い)。

日英の生活習慣の違いとか、音楽文化、ネット環境とか、いろんな話をしたのですが、だいたい聞き取れました。
というか、ネイティブの人って、案外難しい単語を使わないで会話を組み立てているんですね。もしかしたら、「グロービッシュ」って言われてるぐらいの範囲の単語しか使ってないかも。
意外と難しい単語や言い回しは必要なくて、大切なのは反射神経なのかも知れません。

ちょうど1週間ぐらい前から、シャドーイングと瞬間英作文の練習を始めたところだったので、ごくごく基礎的なことなら、こちらから言ったり質問したりできました。
ただ、「それはちょっと違う」や「全体的に見ると~」とか、「少し違う」などの、それほど難しくない言い回しがすぐ出てこなくて、非常に難儀しました。 

あとは、「面白い」「こわい」「良い」「悪い(望ましくない)」といった感情表現のバリエーションがひつようだ‥‥。

そういえば、英語に関してはどういう教育を受けたのか? と聞かれたので、義務教育と、大学のbasicで習っただけだよ、あとは独学だよ、海外にも行ったことがないよ、って答えたら、ひどく驚かれました。
そんなにビックリすることなのかなー。大して発音良いわけでもないんだけど。一応LとRの発音をチェックしてもらいましたが、GOOD!って言われたけど、絶対GOODじゃないと思います。

でも、ネイティブの人と話してみて、会話のテンポとか相づちの入れ方とか、いろいろ勉強になりました。またやってみようっと。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
おなかいたい
むずかしい。