キヤノンのプリンターが当たった

今日、また懸賞に当たって商品が届きました。

予想以上に大きいプリンターが当たった

今日のお昼頃、宅急便のドライバーさんから電話が来て「これからプリンターを配達するから、けっこう大きいから、玄関フードを開けておいてね」と言われました(なじみのドライバーさんなので、事前に連絡をくれるのです)。

でも、別にプリンター買ったわけでもないし、誰かに送ってもらう約束をしてるわけでもないし、何だろう? 誤配じゃないかなと思って取りに行ったら、本当に私宛のでっかいプリンターでした。MdN編集部から。

そういえば、去年12月号を買った時に、懸賞の賞品がいろいろあったから、ハガキ出したんだっけ‥‥? と思って、12月号を見たらハガキが切り取られていたので、これに当選したんですねー。

MdN (エムディーエヌ) 2010年 12月号 [雑誌]

それにしても、応募したことすらスッカリ忘れてたわ! どうもありがとうございます。
今使ってるプリンターがそれほど良いものではなく、なんだか調子悪いし、給紙のところが壊れているので、今年は新しいの買わないとダメだなーと思っていたのですが、まさかこんなことになるとは‥‥。 

というか、これまでにも高額なものが時々懸賞で当たっているので、自分でも何でかなーと思うのですが、懸賞に当たるコツっぽいものってあるのかなーと考えてみました。

私の懸賞生活

今まで懸賞で当たったものといえば、

  • プリンター [雑誌のハガキ応募]
  • アドビCS3 WebPremiun(Mac版をいただきました) [Webアンケート]
  • 怒髪天の下敷き [Twitter]
  • タワーレコードとSTUSSYのコラボTシャツ[Twitter]
  • 映画祭の入場券 [電話応募]

すぐ思い出せるのはこれぐらいかなぁ。もっとあったような気もするけど‥‥
懸賞じゃないけど、去年はフジロックの早割入場券も当選してますね。

懸賞に当たった時の共通項

こうやって見てみると、上に書いた懸賞に応募した時に共通してることって色々あって、

応募したことを忘れてる

なんですねー。これ本当。

あとは、ハガキの場合は、

  • メッセージ欄(ご意見を‥‥というところ)を空欄にしない
  • 自分の住所氏名は丁寧に書く

というのを気をつけています。
最近は雑誌を買う人も前よりは少なくなっているらしく、雑誌に付いているハガキで応募するものは、比較的当たりやすいという話も聞きますね。

それから、本当に欲しいものは買う。当選を待たないことと、逆に当たっても当たらなくてもいいようなものには応募しないことにしています(ぬいぐるみ、ステッカーなど)。
当たった時だけ嬉しいけど、その後は処分するにできなくて微妙な感じになるので‥。

それから、Webのフォームから応募するアンケート懸賞なんかで、やたら入力に時間がかかるものには応募しません。めんどくさいから。
懸賞で生計を立てているわけではないので、自分の利益になるかならないか判らない事には時間を使いません。

懸賞好きな人は、ノートに応募歴をつけたり、当選確率を計算したりしてるらしいですが、そこまではやったこと無いなあ。
当たればラッキー、当たらなかったら買おう、ってぐらいのスタンスが、丁度いいのかもね。

で、プリンター、色々多機能なようなのですが、

今週は忙しいので、週末の3連休に開封します! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『ソーシャル・ネットワーク』を見たよ
さっぽろ雪まつりに行ってきました。