新潟空港の高クオリティな思い出

新潟空港の展望デッキ入り口

写真はフジロックに一緒に行った人にご提供いただきました。ありがとうございます。

ずっと書くの忘れてたのですが、フジロックに行った時の旅程は

  • 自宅から地下鉄駅までバス(早朝はタクシー)
  • バスターミナルから千歳空港(空港連絡バス)
  • 千歳から新潟まで飛行機
  • 新潟空港からJR新潟駅まで連絡バス(30分ぐらい)
  • 新潟駅から越後湯沢駅までは新幹線

というルートで、お金使いまくりながら移動しました。新幹線の運賃が、思っていたより高くてビックリだったり、いろいろ発見があって面白かったです。

そんな発見の中でも、一番すごいと思ったのが、現在ごらん頂いている写真、新潟空港の展望デッキなのですが、いつもの(地元の)千歳空港と同じ感覚で、カメラ持ってワーイって入ろうとしたら、何と有料! 大人100円、子供50円が必要でした。タダで見せてくれるんじゃないんだ‥‥

で、じゃあ、お金を払ったらどんな機体が見られるのかなと発着時刻表を調べたら、1時間に1本とか2本とか‥‥。同じ時間に別々の航空会社が書いてあるのは(特にANAとADO)はコードシェア便だから、2つで1つですよ。航空機が2台来るわけじゃないです。

で、エーってげんなりして、結局展望デッキはいきませんでした。その後同じ2Fフロアにあった飲食店を見に行ったら、閉店して閉まっているところが多かったです。
これは、札幌丘珠でも同じ事が起きてるし、地方空港はどこもそうなのかも知れません。普段千歳ばっかり使ってるから気がつかないけど、千歳はドル箱路線の玄関だし、かなり恵まれたほうなんでしょうね。
展望デッキも、小松、広島、仙台クラスはみんな有料みたいだし。

でも、100円50円を払わないと見られないって、どんだけ赤字なの?!って気になっちゃいます。JRで、ホームで見送りする人に切符を買ってもらうような感じを想定した金額なのかなぁ。

もし、また新潟空港に行くことがあったら、もうちょっと色々見てみたいな、と言いたいところなのですが、あんまり大きい空港じゃないから、だいたいのところは見ちゃったんだよねー。
じゃあ、次回は、ちゃんと展望デッキに入って、あと、2Fのあがって左手にある「自家製焙煎コーヒー」だったかな、落ち着いた雰囲気の喫茶店があったので、そこでコーヒーを飲んでみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
久しぶりに不調だった
iPhoneのカメラアプリは何使う?