iPadのケースを手作り

iPadのケースを手作り

今日は時間があったので、1ヶ月以上前から材料だけ買って放置してあった、iPadケースの作成にようやく着手しました。

と言っても、ネットで見かけたものを見よう見まねで作ってみるだけで、型紙もサンプルもないので、紙におおまかな展開図だけサササと描いてみて、

IMG 1240

あとはフィーリングと勢いで!
ミシンを出すのも面倒だし、音楽を聴きながらざくざく手縫いでやりました。縫い目は曲がってるし、自分で使うからいいやっていう適当ぶりが炸裂してます。

IMG 1243

完成したところ。だいたい3時間ぐらいでできました。材料費は1,500円ぐらいかかったのですが、半分以上余ったので、たぶん実質700円ぐらいではないでしょうか。
構造は、厚手のフエルトを半分に折って両端を縫い、出し入れするところに補強用のリボンを縫い付けて、リボンの下側に革紐を縫い付けて、外側にぐるっと回すだけ。ケースの外側には革紐を留められるように、フエルトでループを作って縫い付け、金属のリングをつけてあります。

ポイントというか、気をつけるところは、

  • たぶん使っているうちに伸びてくるので、小さめに作ること
  • フェルトは高くても厚手のものを選ぶこと
  • 革紐は革じゃなくて、細いリボンでも良い。色落ちしない素材を選ぶこと

これぐらいかなあ。フェルトはたくさん余ったので、そのうち別の大きさの違うケースも作ってみようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
週末だし。
iPadのホーム画面