自分で帳簿をつける。

Lights

久しぶりに出た街はクリスマスムード一色だったよ。あ、いや、先週も来たような気がするけど、その時はこんなにキラキラしてなかった気がする。

今日は税務署の記帳指導に行ってきました。今年4回目ぐらいなんだけど、今までは、毎回税理士の先生と話すことがあまりなくて、持ち時間の70分のうち20分か30分ぐらいしか使わない感じでした。
他の人がどうやって帳簿つけてるか知りませんが、私はエクセルのシートを自分で作って、全部そこに入力してます。
マクロとかわかんないので、計算式は合計を出すぐらいしか入ってなくて、仕訳が必要なところは手動で書いて、残高を試算表に転記しています。

‥‥とやっていたのですが、試算表の合計が合わないので、今日はそこを見てもらったところ、単に前月分の残高を入れ忘れていただけでした。
なので、仕分けは全部OKで、転機ミスもないということで、やっぱり会計ソフトとか使わないで、このままやりましょうということになりました。
みんな弥生会計とか使ってるらしいけど、私の場合は、前職経理事務(4年半)なので、おそらくソフトを買って使い方を覚えるよりも、自分で計算して書いた方が早いです。

経理の仕事自体は、好きでやっていたわけではないんだけど、合計さえ合っていればいいという明快さは好きでした。
経理人としてずっと働いていたら、原価計算したり、予算立てたりという仕事にも関わったかも知れないけど、仕訳覚えられただけでも良かった。4年間ずっと起票係だったから、まだ仕訳は忘れてないみたいです。

先生には「あなたは別に教えることないからね〜、僕が仕事してないみたいだね」と言われましたが、経理やめてからけっこうな年数が経つので、そこは見てもらって安心できるから良いのです。
このままの方法で続けてねと言われたので、今の方法で記帳して、来年こそ2月中に確定申告できるようにがんばるぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
たのしい写真
わかんない。