エックスサーバーにFacebookページ用iframe(の中身)を置く時の設定

最近、仕事でFacebookページの制作を請けたので、昨日は作業の手順を調べたのですが、iframeの中に入れるページはSSLで用意しなくてはいけないので、自分が使ってるエックスサーバーの共用SSLを使って設定してみました。

ページの作成は、Facebookページの作り方 2012年1月版 | Webクリエイターボックスを参考に、この手順のままおこなったのですが、最後にアプリとして登録したタブを、選んだページに追加しても、まったく反映されません。

"Secure Page Tab URL"と"Page Tab URL"の両方を記入する

色々試してみたのですが、アプリの基本設定でSecure Page Tab URL以外に、Page Tab URLも記入しないとダメみたいです。

ここではエックスサーバーの共用SSLを使っているので、それで説明します.

独自ドメインを使わず、エックスサーバーのデフォルトのディレクトリにファイルをあげたとすると、URLは
http://(サーバーID)xserver.jp/(ディレクトリ名)+(ファイル名)
となります。サーバーIDは契約した時に自分で決めるやつです。

Facebookページタブ用のアプリ設定

Page Tab URL

ここには、SSLじゃないファイルのURLを入れます。
たとえば
http://(サーバーID)xserver.jp/(ディレクトリ名)+(ファイル名)
となります。

Secure Page Tab URL

ここには、SSLでのファイルのURLを入れます。
エックスサーバーだったら、"https://sv**.xserver.jp/~(サーバーID)/" で始まるURLです。

エックスサーバー使ってる人は、共用SSLに関するヘルプを読むと分かると思うのですが、これらのURLは同じファイルを指しています。
SSL使う時は、先にサーバーパネルにログインして、「SSL設定」からSSLの追加をおこなってください。

エックスサーバーでもアプリ用のiframeページは置ける

あと、いろいろ検索してる中で「エックスサーバーはiframeには使えない」みたいな記述をチラホラ見かけたのですが、2012年1月現在は、上記の通り使えます。
ただ、独自ドメインの場合にどうなるかテストしてないので、その点は今のところ不明です。試してみたら追記します。

(2012.1.27追記)
↑に「独自ドメインではテストしていない」と記載しましたが、エックスサーバーで独自ドメインを使っていて、なおかつ共有SSLの時、

例)SSLのURLが、
  "https://sv**.xserver.jp/~(サーバーID)/’(ドメイン名)/" 

でも大丈夫でした。(独自SSLは契約しておらず未検証です)


▲このサイトでも4年以上使ってます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
風邪ひきたくない
Flickrで写真を見るときにキーボードショートカットが使える