「うつ状態の思考パターン」を読んで

今日のはてな匿名ダイアリーに「うつの思考パターン」という記事があってホットエントリー入りしていたので読んでみた。
結果、さすがに10年以上治療しただけあって、「わー、これ私のことだね!」って感じでしたわ。ホントにね…。

最初に精神科に入院した時の心理検査の結果は、スキャンしたデータをEvernoteに保存してあるんだけど、「社会性未熟」って書かれたのが今でもずっと気になってる。
だって当たってるし、とにかく私は自己評価が低くて、1年のうち365日は、うまく行かない事について「自分の機転がきかないからだ」「自分の経験不足が原因」「自分の努力/技術/準備が足りないのが全て悪い」「他の人よりも自分はあらゆる面で確実に劣っている」って、考えてるからね。
そう見えなかったとしても、心の中では常にそう思ってる。

特に、ずっと前にも書いたけど、弟に会った後の自己嫌悪がものすごくて、彼はすでに家庭を持って子供も居て、まっとうな社会人として生きているというのに、私はなぜ同じようにできないのだろう…と必ず考えてしまう。
だから、弟の事は嫌いじゃないけどあまり会いたくない(疲れるから)。私が死んだ時、すごく惨めだから葬式にも来てほしくない。

こういう思考パターンって10代の人っぽくて、もう今年40歳なのにこんな事考えてる自分がすごくイヤではあるんだけど、ここまで改善されないって事はなにか病的なものなのかしら…。

こういう状況を改善するために、もうちょっと社交的になったりしないといけないんだろうけど、どうせ外に出て合う人もいないし、誰も私の顔なんか見たくないだろうってすぐ思っちゃう。
私はどこで何をこじらせたんだろう?  7〜8年ぐらい前までは、よく友達集めて飲みに行ったりしてたんだけど、どこでこんな暗い人に変わってしまったんだろう。

自分を変える元気が欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Awesome
寛解宣言