理想の手帳2014

2014年のほぼ日手帳

前回手帳を買った話を書いたんですが、何年も使っているのにほぼ日手帳を使いこなしているとは言いがたく、毎年手帳の特集の雑誌など眺めて使い方を考えてみるのですが、なかなかうまく行きません。

この写真の年間スケジュールのページだって、このページがあるって気がついたの1週間前だからね…何年も使ってるのに! 何故知らなかったのか!!
というのは、やはり自分にとってそれほど重要じゃないからなんだろうなぁ。

来年のカズンの構成

ちなみに来年のほぼ日手帳(カズン)前から見ていくと、こういう構成になっていました。

  • 年間スケジュール(見開きで6ヶ月)
  • 月間スケジュール
  • ウィークリー(バーチカル)
  • デイリー(1日1ページ)
  • フリーメモ(たった4ページ…)

この中で確実に使うのは月間スケジュールとデイリーだけなので、この2つが削れるとかなり軽くなって良いのですが、必要な人も沢山いるのでしょう。

こういう構成だったらいいな

私の仕事はスケジュールの確定が遅く、変更になることも多い上に会議をする事もほとんどないので、ウイークリーはバーチカルじゃなくてレフト式になっていると嬉しいです。

※レフト式…左のページに週間のスケジュール、右側のページがメモ欄になってる構成。ほぼ日手帳WEEKSがこれ。

マンスリーとデイリーは今のままでいい。
あとはメモのページが20ページぐらいあればいいなぁ。

そういえば、毎年手帳を買うと前の年の12月と、翌年の1月のページが入っていますけど、あれも要らないと思うんだけどな。
あの部分が必要な人って、例えば早く手帳を切り替えたいなどの理由があるんでしょうか。 2015年用と言いながら2014年と2016年のページが含まれているのは、きっちり1年に収まっていないのでなんとなく気持ち悪いです。

少し不満もあるけど、だいたい満足

と、色々気に入らないなーという点もいくつかあるのですが、毎年色々な手帳を見てもやはりほぼ日に戻ってくるのは満足できる部分が多いからで、来年も楽しく使えそう。
楽しく使えるように色々工夫してみよう。

ちなみにカバーがまだ届いてないので、まだ2015年の手帳には何も書いていません。
カバーが届いたら来年の目標を書きます。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
来年の手帳
2014